Windows+VagrantでCentOS7.2の仮想環境を構築する

Windows+Vagrant+CentOS7+PHP7の環境を立ち上げたので、手順をまとめました。

VargrantとVirtualboxのインストール

VagrantとVirtualboxをインストールします。

今回は特殊な設定をしないので、ダウンロードしたらインストーラーを起動して、指示に従ってインストールして下さい。

Vagrant公式ページ
http://www.vagrantup.com/

Virtualbox公式ページ
https://www.virtualbox.org/

注意
Virtualboxの最新版は5.2ですが、5.2だとVagrantが動かなかったので、5.1系の最新版をダウンロードしましょう。
5.1系のダウンロードページはこちら

Vagrantでboxを立ち上げる

boxを選択する

vagrantbox.esにアクセスして、addするボックスを選びます。

今回は、CentOS 7.2 x64 (Minimal, Puppet 4.2.3, Guest Additions 4.3.30)を選択します。
boxのURLをコピーします。

boxをaddする

Windows PowerShellを立ち上げ、boxをaddするコマンドを書きます。
今回はboxの名前をcentos7.2としてaddします。

# vagrant box add 適当な名前 boxのURL
vagrant add box centos7.2 https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.7.2/vagrant-centos-7.2.box

仮想環境を生成

まずWindowsの適当な場所にディレクトリを作ります。
今回はC:\vagrant\centos7.2を作りました。

Windows PowerShellでC:\vagrant\centos7.2ディレクトリに移動して、vagrantのinitコマンドを実行します。

# C:\vagrant\centos7.2に移動
cd C:\vagrant\centos7.2
# 追加したbox centos7.2を生成する
vagrant init centos7.2

しばらくすると、centos7.2ディレクトリ内に、Vagrantfileファイルが生成されます。

Vagrantfileを修正する

仮想環境のIPアドレスを設定するために、Vagrantfileを修正します。
Vagrantfileを適当なエディタで開いて、下記の記述を追加してください。
今回はIPアドレスを192.168.1.11に設定します。

# IPを192.168.1.11に設定
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.1.11"
# 192.168.1.11にteratermなどでアクセスできるように下記の記述追加
config.vm.provision "shell", run: "always", inline: "systemctl restart network.service"

仮想環境を起動する

Windows Powershell上で下記のコマンドを実行すれば、仮想環境が起動します。
※C:\vagrant\centos7.2に移動してから実行してください。
仮想環境が起動すると、.vagrantディレクトリが生成されます。

vagrant up

CentOSの設定

SSHで仮想環境へログイン

立ち上がった仮想環境へSSHでログインします。
今回はクライアントにTeratermを使います。

Teratermを起動して、下記の情報でログインできます。

以降の作業は、Teraterm上で行うことになります。

ログイン情報
ホスト名:192.168.1.11
ポート:22
ユーザ名:vagrant
パスフレーズ:vagrant

RemiリポジトリとEPELリポジトリの追加

Remiリポジトリと、EPELリポジトリを追加します。

# Remiリポジトリ追加
sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
# EPELリポジトリ追加
sudo yum install epel-release

Yumアップデート

yumをアップデートします。
あとは画面に従ってyを押し続ければOKです。

sudo yum update

yum updateコマンドを実行したときに、エラーが出てupdateできないときがありました。
以下のコマンドを入力して、もう一度yum updateしたら通りました。

sudo rpm -Uvh https://yum.puppet.com/puppet5/puppet5-release-el-7.noarch.rpm

最後に

かなり駆け足で、仮想環境の構築を紹介しました。

次回はPHP7+Nginx+MariaDBのインストールを紹介します。

Windows+Vagrant+CentOS7.2にPHP7+Nginx+MariaDBを構築する

2017.12.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください